【結婚1年目の保険選び】どんな保険に入るべきかも分からなかった私の体験談。

新婚夫婦がラブラブのイラスト

結婚1年目の保険選び「どんな保険があるの?」

保険について全くの無知でしたが、結婚を機に保険に加入したことによって安心を得ることができました。

私にとって保険とは、将来のための安全材料の1つです。

私は結婚をするまで保険をあまり重要視していませんでしたし、加入についてもそれほど深く考えることも有りませんでした。

しかし、結婚を機にもし私に何かあった際や病気にかかった際などに家族に出来る限り負担はかけたくない、更に後々産まれるかもしれない子どもを不安にさせたくはないと思い、保険の加入を考えるようになりました。

「保険に入っていれば必ずしも大丈夫」というわけではありませんが、加入していれば、万が一自分に何かあった際、金銭面という不安要素は少なからず、わずかながらでも解消されます。

家族が病気やケガを患った際、看病やその後のことを考えるだけでも大変なのに、金銭的なことまで考える余裕はまずないでしょう

そんなとき、保険に加入していれば入院や通院の保障などがありますし、自分でわからないことは担当のかたが説明してくれるはずなので、安心できると感じました。

管理人

管理人
人生には、あまり考えたくないような「もしも」があったりします。

そんな、あまり起こってほしくないような「もしも」に対しても、自分で備えておくことで、日常に安心が増えることがうれしいですね。

結婚後に入るべき保険ってなに?

まず始めに悩んだことは、一体なんの保険に入ればよいのかということです。生命保険、がん保険、傷害保険、など保険の種類だけでもたくさんあるのに、更に様々な特約がついていたり、掛け捨て積み立てなど払い方もいろいろとあり、保険について全くの無知だった私は自分に合った保険がどれなのかということが全く分かりませんでした。

続いて名の通った保険会社のHPを見てみたのですが、保険会社ごとの違いが全く分かりません。そうですよね、保険の種類も全く分からない状態なのですから、会社ごとの違いなんて分かるわけありません。

また、今後主人と自分の収入でどれだけの保険料が払っていけるのか、それによりどれだけの保険料をもらえることが適切なのかということもわかりません。

つまり保険というものについてほぼ無知という状態の私。これ以上自分たちで考えることに限界を感じたため、保険の総合代理店に相談に行くことに決めました。

管理人

管理人
「わからないこと」をいつまでも「わからない人だけ」で考えていても、結局答えにはたどり着けないですからね。

「わかる人を見つける」ことが、前に進むための一歩になりますね。

夫婦で行った保険の総合代理店

保険選びの悩みを解決するために私がしたことは、まず保険の総合代理店に行くことでした。

明確に「どの保険会社が良い」と決めている場合は、その会社の営業担当さんに連絡すればよかったのかもしれませんが、そもそもどの会社のものを選べばよいのか全く分からなかったので、たまたまよく利用する駅の中に入っていた「F.L.P」という保険代理店に向かうことにしました。

そこで担当の営業マンのかたに現在の悩み収入の状況、自分たち夫婦が保険というものに関して全く無知であることや、結婚を機に保険の加入を考えているということなど、ざっくばらんに思っていることをお話ししました。

すると初回の相談では具体的な保険内容の検討には入らず、まずは保険というものは何なのかどのような種類のものがあるのかどういうときに必要となるのかなど、ライフステージに分けて丁寧に説明していただけたので、おおまかではありますが保険の内容について理解することが出来ました。

どんな保険に入るべきか…から、一気に好転♪

上記のように代理店の営業の方に相談した結果、自分たちのたどたどしい話を真剣に聞いてくれた上で、保険の種類や必要性について説明してくれましたので、結果的に自分たちにはどのような保険への加入が向いているのか、ということがわかりました。

私はソニー生命の終身保険に加入することにしました。というのも、私に万が一のことがあったときに家族にお金が残すことが出来るうえ、保証は一生涯という魅力、更には保険料の積み立てが出来るので貯蓄の要素も兼ね備えているからです。

無事に何事もなく保険料を払い終えることが出来れば、将来不安が残る年金での生活時に足しが出来るというのもとても魅力があるように感じました。

保険料と積立金額の面で少し悩みましたが、現在の収入状況も合わせて一緒に考えてくれたので、適切な金額に設定が出来たと思います。

自分一人ではこのような内容はどんなに調べても全く分かりませんでしたので、代理店に相談して本当に良かったと感じました。

もしも、結婚後も保険に加入していなかったら

万が一保険に加入していなかったらと考えると、家族への負担という点でとても不安に感じます。加入時とは家族構成が異なり、現在は子どもが産まれました。

自分に何かあった際、子どもには少しでも負担がかかるようなことはしたくありませんので、保険金がおりるということは非常に安心です。

また、もし子どもが産まれてから「保険に入りたいな」と考えたとしても、なかなか小さな子どもがいる中で保険の検討をすることは厳しいですし、代理店へ相談に行くこともままならないでしょう。あのとき加入していて本当に良かったと感じています。

更に現在私は30代前半で年金をもらう世代になるにはまだまだですが、そのときのために積み立て要素のある保険に入っているということも安心につながっています。

もしも保険に加入していなければ、老後の生活にも不安が残ってしまいます。そういう意味で、貯蓄型の保険に加入してよかったです。

関連記事

家族で相談するイラスト

【家族を守る生命保険】夫と子供、そして私のための保険選び。

男女のイラスト

専業主婦の私と働く旦那の保険選び「生命保険や医療保険のバランスについて」

資料を運ぶ女性のイラスト

保険の資料請求は何社くらいがおすすめ?「保険市場の体験談」

入院した女性のイラスト

【入院保険の選び方】掛け捨てと貯蓄型はどっちがおすすめ?保険会社の調べ方。

パソコンの前でお金に困る主婦のイラスト

【保険は掛け捨て?一生涯?】医療保険とガン保険を12回見直した体験談。

ピンクの服を着た主婦のイラスト

オリックス生命の終身保険ライズ(RISE)の評判は?主婦がおすすめする3つの理由