【分譲マンションの住宅ローン選び】子供ができる前に購入した体験談。

マンションを見上げる男女のイラスト

子供ができる前に分譲マンションを買いたい!

夫婦二人とも、結婚当初から漠然と、第一子を妊娠する前には分譲マンションを購入したいと考えていました。

新婚の間は、賃貸アパートに住んでいましたが、壁が薄かったため、子供の声で迷惑をかけてしまうだろうと思いました。そのアパートの中には赤ちゃんのいる家庭が1部屋だけいらっしゃいましたが、肩身が狭そうに見えました。浴室、キッチン等の設備や部屋の広さも、子育てするには分譲の方が快適だろうとも思いました。

妊娠してからや、産まれてからだと、身動きがとりにくく、じっくり探す時間も取りにくくなると思い、そろそろ子供を考えたいとなったときに、まず、マンション購入に向けて動き出しました。

管理人

管理人
子どもをつくる前に、考えられることを考え、前もって準備しておくことで、のちのち自分がラクになれますね♪

分譲マンションの住宅ローン選びに悩んだこと

住宅ローンを選ぶのに悩んだことは、沢山選択肢があるけれど、実際の違いがわかりにくいことでした。

一軒目の物件を見に行った時に、仲介業者さんに、住宅ローンについておおまかに説明してもらいました。

夫婦二人とも会社員だったので、当初の予算からかなり上がった金額でも、どこの銀行を選んでも大体通ると言ってもらえました。

物件探しは続きましたが、先に住宅ローンについて調べて、大体の方向性を決めておくことにしました。二人の希望が一致したのは、トータルの支払いが少なくすませられるところ(銀行の規模は特に気にしない)でした。

普通だろと思ったのですが、知り合いの中には、信用できる銀行じゃないと嫌だと言う人もいました。私たちは特に気にしませんでしたが、対応の悪いところはやめておきたいなとは思いました。

では、どの銀行を選ぶのがいいのか。夫1人でローンを組むか、ペアローンにするか。その場合の割合はどうするか。いくらまでローンを組んで、いくら頭金を入れるのか。

実際にいくらまでなら無理なく返済していけるのか。何年ローンにするのか。金利の安い、ネット銀行に惹かれるが、手続きは面倒ではないのか、時間はかからないかなど、疑問はありましたが、各銀行のウェブ上の情報では、比べにくいなと思いました。

分譲マンションの住宅ローン選びの悩みを解決した方法

住宅ローンを選びの悩みを解決するのに私がしたことは、まず、ネットの口コミを見てみて、そこで気になった銀行の資料請求をすること(店舗があれば、窓口でもらう)と仲介業者さんを通して、いくつか事前審査をすることでした。

新築マンションを見に行くと、ファイナンシャルプランナーさんがいることもあり、シュミレーションもしてもらいました。少し甘めの金額になりがちなので、細かくリクエストをしたシュミレーションにしてもらいました。

ネットの口コミを見てみると、大体の傾向、メリットデメリットが見えてきました。金利の安い、ネット銀行の口コミや信託銀行の口コミが多かったです。

資料請求はそんなに大変ではなかったので、10か所ほど請求しました。飛び込みで住宅ローンコーナーに行って話を聞くと、大体親切に案内してくれました。

店舗のある銀行の店頭金利は横並びです。ネット銀行は、金利が安い分、手数料が高いところが多かったです。その他サービスがつくところもありました。(スーパーでの優待や家事サービスチケット)

自分たちの希望は、トータルの金額が少ないところなので、ウェブのシュミレーション機能を使って数箇所に絞っておきました。

中古の仲介業者さんにお願いして、2つの銀行に事前審査を出して、無事に通りました。

新築マンションの見学に行った際に、その事前審査の話をすると、とても話がスムーズでした。続きが楽で、確実に買える」ということで、値引きもしてもらえました。これは予想外のラッキーでした。

頭金をかなり用意していたので、手数料を引いても、シュミレーションでネット銀行がトータルで安くなりました。選べるところの少ない、元金均等方式を選べるのもよかったですし、ATMが無料のコンビニも多く、店舗のある銀行と比べても問題なさそうでした。

優遇幅が大きかったのと、繰り上げ返済もできそうだったので変動でも大丈夫だと判断しました。手数料を考えて、夫1人のローンにしました。
お任せではなく、自分で調べて納得して選べたので満足です。
今後は計画的に繰り上げ返済していこうと思います。

管理人

管理人
「きちんと自分の頭で考えて、納得した上で選択した」ということが重要になりますね。

いろいろと入念な下調べが活きたことがうかがえますね。

住宅ローンではなく一括で分譲マンションを購入していたら

現金で購入する為にお金を貯めていると、かなり予算を下げたものになってしまうか、年齢を重ねることになります。

せっかくある住宅ローン控除が使えなくなってしまい、もったいないですし、その間の家賃も負担かなと思います。

家賃と変わらない金額で、今の分譲マンションに住めているので、そのまま賃貸に住み続けていたら不便だったと思いますし、今と同グレードの部屋に住むには、もっと高い家賃がかかったと思います。

借金とは言っても、家賃は家賃でかかるので、そこは割りきって考えて正解でした。

やはり、子供が小さいうちに、快適な設備がある家で過ごせたのはよかったです。

入浴時や、食事の支度をしているときによく思います。物も増えるので、広さも必要でした。

同じくらいの年のお子さんがいらっしゃる家庭が多く、交流できました。学校、病院等の情報交換ができたり、お下がりのやり取りをしたり。どんな人が住んでいるか大体分かる安心感もありました。

自分の予算の賃貸では、できなかったと思います。

関連記事

マンションとお金と計算機のイラスト

一括派の私が住宅ローンを組んだ理由。分譲マンションの購入事例

太陽光発電をして笑顔になっている家のイラスト

太陽光発電をパナソニックで設置した体験談。全館空調を思う存分使えてます♪

☆賃貸か購入か?

賃貸か購入か。答えの出ない問いに対して出した、自分なりの正解

太陽光発電をつけた屋根のイラスト

太陽光発電をカネカで設置した体験談。月1万円越えで採算がとれそう♪

太陽光発電のイラスト

京セラで太陽光発電を設置した体験談。10年で採算がとれそうで大満足♪

家のイラスト

住宅ローンの金利は何種類?契約前に知るべきメリットとデメリット