太陽光発電を設置して5年!リアルなメリットとデメリットを紹介♪

太陽光発電を屋根に付けたイラスト

太陽光発電についてのメリットデメリットの話し

私が太陽光発電を設置しようと思ったきっかけは、家を新築することになったからです。

設置したのは約5年前になりますが、当時は売電金額単価が高く、今後単価が下がっても10年間据え置きと聞いたため、もちろん設置に大きい金額はかかりますが、オール電化の家なので、設置することにしました。

また東日本大震災を経験したので、停電になったりしても、蓄電されるため、しばらくは電気に困ることはない…と知り、設置することにしました。

管理人

管理人
オール電化の家だったり、実際に電気のない状態で苦労したことがあると、なおさら自分の家で発電したいと思いますよね。

太陽光発電にはデメリットも感じていた

太陽光発電に感じていたデメリットや、設置を悩んだことは、設置した当時、確かに今より高い売電金額ではあったのですが、マックスの金額よりは少し値段が安い時期だったことでした。

どうせならマックスの金額で売電出来たら良いのに…と思ったことが、まず悩んだ理由の一つです。

次に、単純に太陽光発電の設置費用が安い買い物ではないということです。

売電をすることで、長い目で見れば、設置費用もペイできると業者さんには言われましたが、新築費用だけでもすごい費用がかかるのに、さらに太陽光発電をすることで費用がかかると思うと、金銭的に悩みました。

それから、やはり、一生ものではないというか、いつかはメンテナンスが必要になったり、壊れたりすることもあるので、そうすれば、またそのときに費用がかかってしまうというのも不安材料でした。

また、売電単価も高い時期でしたが、あくまで10年間だけなので、それを過ぎれば単価も安くなるでしょうし、やる意味が10年過ぎたあとにあるのか…というのも考えました。

管理人

管理人
太陽光発電の不安なところは、設置した後に回収できるか否か、さらに長期的にみたときにメンテナンス費用がどうなるか、というところですよね。

どれだけ考えても、答えの出ない永遠のテーマのような気がしてしまいますね。

太陽光発電を設置してみて感じたメリット

太陽光発電をつけてリアルに感じたメリットは、まず毎月電気代がほとんどかからないということです。

かからないというと語弊がありますが、太陽光発電のおかげで、その売電費用だけで電気代はほぼまかなえます。

必ずかかってくる光熱費ですが、それがひとつでもかからなくなるのは精神的にも楽になります。

もっとお金があればkw数を増やせて、その分、売電金額も高くなるので、もっと大きなものにしておけばよかったなって思うこともあります。

ただ、うちは今屋根に載せているkw数が金銭的にギリギリだったので、どうしようもありませんが、それでもほぼ電気代はまかなえます。

ちなみに家族構成は私、主人、子供3人(6歳、4歳、1歳)の5人家族です。5人家族なのでけっこう電気を使っているはずですが、むしろプラスになる月もあり、それは嬉しく思います。

ただ、エアコンをたくさん使うシーズン、真夏や冬場はマイナスのときもあります。そういうときは、もう少しお金があって、たくさんkw数が載せられていたら、マイナスにならなかったのに…と思うこともあります。

そういうことが毎月目に見えるので、節電しよう!プラスにしよう!という気持ちになるのも良いことだと思っています。

管理人

管理人
自分が消費するだけではなく、売電する側になると、より意識にのぼってきやすいポイントですよね。

5人家族で電気代が黒字になるのは嬉しいですね♪

太陽光発電の蓄電は大きなメリット

それから、東日本大震災を経験して、オール電化の家なので、停電したらどうしよう…と思ったのですが、太陽光発電をしていることで蓄電をすることになります。

そうするとその蓄電で、停電時でも電気をつけることができ、安心できると思います。

また基本的にライフラインの中でも、電気は早く復旧するらしいので、蓄電があるうちに復旧になるケースが多いと聞きました。

もちろんすべてではないですが。。

なので、その点でもメリットだと思います。

また、家の中にパネルがあり、そこには「今どのくらい発電していて、どのくらい電気を使っているのか」逆に「どのくらい太陽光で電気をまかなえるのか」プラスかマイナスかが、リアルタイムで分かるようになっています。

マイナスのときは赤く表示されるので、意識していなくても、案外目について、今マイナスの状態なのか…と思うようになりました。

だから、そういうのを見ながら、節電について考えるのも良いことだと思います。

うちは子供もまだ小さいですし、将来を考えて、環境問題などについても子供含め家族みんなで話し合いしながら、少しでも節電していけたらとも思いますし、そういう姿勢を子供たちに見せることも大事だと思います。

なので、悩んだりもしましたが、結果的に太陽光発電をやって良かったなと思います。

管理人

管理人
家族みんなで電気のことを考えたり、そこから経済やエネルギーのことを考えたりする機会がもてるのは、最大のメリットですね。

「家族の意識がまとまること」それこそが最高にプライスレス!

太陽光発電で採算はとれるのか?

売電単価が42円なので、約10年くらいで採算がとれる計算です。

しかし、10年以内に採算がとれるかと言うと正直分からないのですが、うちの場合はもしかしたら、とれなくて10年過ぎるかも知れません。

売電単価があくまで10年間据え置きなので、10年後は42円ではなくなるので、余計採算はとれなくなりそうですが、少しでも節電して採算がとれるようにしたいです。

このペースに満足しているかというと、欲を言えば、もっと早くに採算が取れたら良いなとは思いますが、うちのkwから考えても、妥当なペースではないかと思います。

太陽光発電の設置で大切だと思ったこと

設置を検討するのに大切なことは、やはり予算的に大丈夫かどうか…安い買い物ではないということです。

それから一生ものではないので、いずれメンテナンスなどが必要になってくるという、やはり、全て金銭的な面が大事になってくるのではないかと私は思います。

しかし、自家発電というのは、環境にも良いですし、自分たちで環境について考えていけるというのも、これからの未来につながっていくわけで、すごく良いことだと思います。

メリットデメリットありますが、私は付けて良かったと思っています。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

幸せが溢れるあったかい家族のイラスト

フラット35Sのメリットとは?住宅ローンを組んだ夫婦がおすすめする理由。

太陽光発電をつけた屋根のイラスト

太陽光発電をカネカで設置した体験談。月1万円越えで採算がとれそう♪

マンションを見上げる男女のイラスト

【分譲マンションの住宅ローン選び】子供ができる前に購入した体験談。

300万円のイラスト

年収300万円で住宅ローンを組んだ話し。700万円の借り入れに成功!

優しそうな家のイラスト

信用金庫で住宅ローンを組んだ体験談。娘が2歳半になって検討し始めた理由。

家のことで悩むキレイな女性のイラスト

【住宅ローンは種類が多い!】下調べをして銀行さんに立ち向かった1つの方法。