車の事故で等級が下がった!100%相手が悪くても3等級ダウン!

茶色の事故車のイラスト

みなさんは、自動車保険を使って車を直したことがありますか?

私は、通勤をしていた時に、後ろから追突されて、車を直すという経験をしました。

その時初めて「保険を使って車を直す」という経験をしました。

相手が100%悪いということで、正確には相手の人の保険で車を直すことになり、当然修理代金はゼロ円でした。

しかし!です。

この事故がきっかけで、私は思わぬ出費をすることになったんです。

自動車保険の等級は、相手が100%悪くても下がる!

100%相手に非ががあると認定されて、相手の保険で車の修理をした私。

身体も無事で、お金もかからなくてよかった、一安心と思い、車検などで足を運んでいる車屋さんで、車の修理をお願いしました。

修理をするまでの流れも、私の方の保険屋さんがしっかり案内してくれたので、不安もなくスムーズに行うこともできました。

ただ、話を聞いていくと、「事故を起こしたので、車の等級が下がる」と言われました。

え!?

私、普通に車運転していて、後ろからぶつかられただけなのに、車の等級って下がるの!?

正直びっくりしました。

きっと何かの間違いで、いざ保険の更新をしてみると、

「相手が100%悪かった事故ですから、あなたの車の等級は下がりませんよ」

なんて言ってもらえると思っていました。

だけど、現実は無情なもので、車の保険を更新する時、見事に等級は下がってしまいました。

管理人

管理人
完全なもらい事故であっても、等級が下がってしまうものなんですね!

これでは、巻き込まれることも注意しなくてはならないということですね。

100%相手が悪い事故で、車の等級はいくつ下がったのか

私は、後ろから追突されるという事故を経験するまで、今回事故になってしまった車以外でも事故を起こしたことがありませんでした。

だから、等級が下がるという経験をしたことがなかったんです。

今回の事故は、事故と言っても相手が100%悪いと認定された事故ですし、直した範囲も小さかったので、せいぜい1等級下がるとか、そんな程度の話しだと思っていました。

でも、相手が100%悪い事故なのに、ぶつかられただけなのに、私の車の等級は「3等級もダウン」したんです。

納得いかなかった私は、等級が下がるルールについて調べました。

なんだったら、1等級だって下がってほしくないんですから。ぶつかられただけなんですから。

事故でも等級が下がらない「ノーカウント事故」

まず初めに興味を持ったのは、事故を起こしても等級が下がらないという「ノーカウント事故」の存在でした。

ぶつかられただけで、100%相手が悪い事故なんだから、私はこのノーカウント事故が適応されると思いました。

しかし、ノーカウント事故の条件は、かなり特例的なものでした。

  1. 人身傷害や搭乗者傷害保険金のみが支払われた
  2. 自動車事故弁護士費用特約のみが支払われた
  3. 原付バイクでの事故でファミリーバイク特約を使った

この条件では、ノーカウント事故扱いにはなれませんでした。

1等級ダウン事故

次に注目したのは、1等級だけダウンする「1等級ダウン事故」です。

ぶつかられただけの私は、さすがにこの1等級ダウン事故が適応されるだろうと思い、ちょっと必死で調べました。

私が調べた1等級ダウン事故が適応される条件はこちらでした。

  1. 契約車両盗難され車両保険金が支払われた
  2. 台風、洪水により車両保険金が支払われた
  3. 落書き、いらずら、窓ガラス破損により車両保険金が支払われた

…これだけです。

1等級ダウン事故について調べた結果、1等級ダウン事故が適応される項目に、

「相手が100%悪い事故」

というものは含まれていませんでした。

相手が100%悪くても3等級ダウンする!

念のため、3等級ダウンする「3等級ダウン事故」についても調べましたが、結論としては、

「ノーカウント事故と1等級ダウン事故以外は3等級ダウン事故」

という内容でした。

ネットでもさんざん調べて、車屋さんにも何度も確認しましたが、もうそういうものという話しでした。

普通に運転していて、後ろからぶつかられただけで、3等級もダウンさせられるなんて…

もう踏んだり蹴ったりな気分でした。

管理人

管理人
・・・これはなんとも切ない話ですね。

たとえ被害者であったとしても、保険の等級を考える上では「事故のあった人」という認識になってしまうんですね・・・。

3等級下がって保険料はかなり高くなった!

車の等級が下がることで、一番嫌なのは「車の保険料が高くなる」というところです。

車の修理代金は確かに相手の保険で直りましたからゼロ円です。

でも、車の等級が下がっているので保険料が高くなり、実質大損することになったんです!

具体的には4万円台だった保険料が、3等級も下がったことで8万円台にまで上がったんです!

1年で1等級上がるわけですが、3等級も下がっているので、3年分は本来よりも保険料が高くなるんです!信じられますか!?

私の場合は、1等級上がると7万円台になり、もう一つ等級上がると5万円台になるという計算でした。大損です。

しかも!

ぶつけられていなかったら、その3年間は等級が上がっていたハズの期間なのに、3年かけて元の等級に戻るだけだなんて、あんまりだと思いました。

計算してみると、合計で8万円以上も損をしたことになっていました。

保険料が上がった分、ぶつけてきた相手に請求してやりたいって本気で思いました。

正直、今でも思っているというのが本音です。

ほとんどの事故は3等級ダウンする

100%相手が悪い事故を経験し、等級について色々調べた結論は、

「ほとんどの事故は3等級下がる」というものでした。

悔しいですが、これが現実のようです。

みなさんも、自分で事故をしないだけじゃなくて、ちょっと不安がよぎるような車が近くにいる時は、距離をおいたり、いっそのこと一旦道を変えるなどして、事故に巻き込まれないということも大切にしてみて下さい。

関連記事

黄色い車が手を振るイラスト

アップルで車を売る!見積もりより5万円高く買取ってもらった主婦の体験談

パソコンを見る男性と女性のイラスト

ネットで自動車保険に加入!年間3万5千円も安くなった夫婦の話し。

時間を気にせずネットを楽しむ優雅な女性のイラスト

自動車保険にすぐに加入したい!時間がない人はネット型の保険がおすすめ♪

家族と車のイラスト

【家族を守る自動車保険の選び方】一括見積もりと合わせて行うべきこととは?

事故

【SBI損保の自動車保険】事故対応の評判について。私の体験談

黄色の車に乗る女性のイラスト

ガリバーで愛車を売った体験談。3万円から15万円に買取価格がアップ♪