旦那なんて頼れない!住宅ローンの相談相手はお義父さんだった!

カッコイイおじいちゃんのイラスト

住宅を購入したきっかけ

私が住宅を購入しようとしたきっかけは、子供の一言でした。

私の家族は4人暮らし、夫と2人の子供がいます。結婚を機に、2LDKのアパートを借りて家族で暮らしてきました。

私は、ちょっと狭いけど、今のアパートが気に入っており、その時は家が欲しいなんて考えていませんでした。

しかし、子供が小学生になり、ある日突然「家が欲しい。」と大声で泣きわめきました何がなんだか、わかりませんでした。

なんとかあやし、理由を聞くと「みんな家があるのに、うちだけ家がない」とのこと。

そんなことから、何気なくママ友に聞いていくと、ほんとにアパート暮らしはうちだけでした。

いくら田舎で土地が安いといっても、本当に子供の同級生でアパート暮らしの人がいません。さすがに、ちょっとショックでした。

子供が、他の子に劣等感を抱くのも納得です。よく考えてみると、今まであまり気にしませんでしたが、うちのアパートに友達を誘ってくることが少なかったような気がします。

そのことをきっかけに、夫をうまく丸め込め、新築購入に走り出しました。

管理人

管理人
お子さんは、ずっと「家がない」ことに劣等感を抱えていたのですね。

でも、突然泣き出しちゃったら、家族そろって驚いてしまいますね。

住宅ローンの金利に悩む

私が、住宅ローンを選ぶことに悩んだのは、やはり金利です。

家を一括で買おうなんて、とても無理な話です。家を買うには多くの人が、住宅ローンを組むと思いますが、これが非常に悩みます。旦那は自分の仕事以外は全くノータッチです。

ハウスメーカーでもローン会社を紹介してくれました。しかし、金利が高かったため、他のローン会社でもいいとのこと、とりあえず自分でインターネットを使って、住宅ローンについて検索しました。

しかし、色々調べていくと、重要なのは金利だけではないとに気づきました。ローン会社も色々、単に金利が安いだけでなく、安くても100万円からなる保証金が必要なところや、低金利の代わりに繰越金が高いところ。

口座を作ったり、会員になれば店頭金利から、数%引くといった内容のものもあり、調べれば調べるほど、どこのローン会社がいいのかわからなくなってしましました。

ローン会社が決まらないため、ハウスメーカーとの契約も頓挫したままでした。

住宅ローンの経験者から話を聞く

住宅ローン選びの悩みを解決するのに私が行ったことは、実際に住宅ローンを組んでいる人に話を聞く事でした。

友人でも会社でも住宅ローンを組んでいる人は少なくなく、情報収集には困りませんでした。

しかし、聞く人が多ければ、住宅ローン会社もばらばらです。「うちはここの銀行にお世話になってるから。」「ここの金融機関が親切で何でもやってくれるから。」「ここが金利が安くていいよ。」など、まさに十人十色な状況です。

聞けば聞くほど、どこのローン会社にすればいいのか見当が付きませんでした。旦那にも相談しましたが、お前の好きなところでいいよ、などと真面目に話も聞いてくれません。

管理人

管理人
それぞれの人の優先順位や、周囲との付き合いによって、取引先はさまざまですもんね。

「これは!」という答えは、自分で見つける以外にありません。旦那様も相談くらいのってくれたら、ずいぶんと心持ちが違ったかもしれませんね。

住宅ローンの救世主はお義父さん!

ローン会社選びをはじめて1か月がたったころ、たまたま旦那の不在時、お義父さんが訪ねて来ました。

お義父さんにも家を買うという話をしていたため、何処まで進んだか聞かれました。そこで、私の今の悩みを何気なく、お義父さんにも相談しました。

お義父さんは「そんなことで悩んでるんなら早く言ってくれたら良かったのに。」と色々話し始めます。金利のシステムから、現在の住宅事情、近隣の銀行や信用組合、ネット銀行についても色々な情報を持っていました。

お義父さんは、昔は金融機関に勤めていたのは知ってましたが、まさか住宅ローンを扱っていたなんて、この時はじめて知りました。

管理人

管理人
身内のことって、知ってるようで意外と知らなかったりしますよね。

自分が思っていることを「伝えてみること」大事ですね。

お義父さんに相談してスムーズに

お義父さんに相談してからは、住宅ローンの話がスムーズに運びました。

住宅ローンの資料はネットで調べたものや、銀行などを回って集めたローン会社が10数社ありました。それをもとに、後日お義父さんに来てもらい、一緒に相談にのってもらいました。

お義父さんは資料に一通り目を通したあと、あちこちに電話をかけ、メモを取り始めました。私は暇を持て余し、新築の家に入れる家電製品を選んでました。

お義父さんの電話が終わり、私に電話の内容を教えてくれました。ローン会社によっては顧客を得るために、あえて実際に合った時にしか渡さない情報があるそうです

例えば、ある会社では資料には無いのですが、年間の家族取得額が一定以上だとさらに住宅ローンの金利が安くなるなどの情報があるそうです。

それを、知り合いを通して確認していたとのことです。わざわざ色々な銀行やローン会社の窓口で聞くまでもなく調べてくれました。

さすが、お義父さんです。うちの旦那に、同じ血が流れているとは思えませんでした。

結局、2社まで絞り、嫌がる旦那とお義父さんの3人で話を聞きに行きました。そこで担当と話をし、最終的には地方銀行で住宅ローンを組むことになったのです。

お義父さんに相談してなかったら…

もしも、お義父さんに相談せずに、住宅ローンを組むことができず、それこそ住宅を一括で購入していたら、今のように子供を私立に入れることは出来なかったと思います。

私たち家族が、住宅を購入して3年が経ちました。それなりに貯金を残して、住宅資金にはほとんどお金を回しませんでした。

現実的には、住宅ローンを一括で支払うことは困難です。もし払えるなら、すべての貯金を使っていたと思います。そうなれば、またゼロからスタートです。

貯金は、また貯めればいいと考える方もいるかもしれません。しかし、私はその貯金が貯まるまでに、何かあった時を考えると非常に不安になります。

実際、私の場合、不安が現実になりました。それは、娘の高校の選択についてです。

娘は、頭があまり良くなかったので、私立の高校へ行くしかありませんでした。貯金を残しておいたからこそ、その選択ができたのだと思います。

私自身、住宅ローンを組むことに問題は無いと考えています。一括払いのために無理をして生活を困難にするより、家庭の所得に合わせて対応し、生活水準を維持していくことが大切だと思います。

関連記事

300万円のイラスト

年収300万円で住宅ローンを組んだ話し。700万円の借り入れに成功!

幸せが溢れるあったかい家族のイラスト

フラット35Sのメリットとは?住宅ローンを組んだ夫婦がおすすめする理由。

優しそうな家のイラスト

信用金庫で住宅ローンを組んだ体験談。娘が2歳半になって検討し始めた理由。

マンションとお金と計算機のイラスト

一括派の私が住宅ローンを組んだ理由。分譲マンションの購入事例

太陽光発電を設置した家と太陽のイラスト

シャープの太陽光発電を設置した体験談。10年で採算はとれそう?

太陽光発電をしている家のイラスト

宮崎の太陽光発電はパナソニックがおすすめ!10Kwで月平均4万円の売電収入♪